スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン 完

2007-09-30 (Sun) 10:34[ 編集 ]
(つД`;)おはよう

今日は「天元突破グレンラガン 」の総評です
今回は最終話見て気持ち入りすぎて説明かなり長いですw

グレンラガンバナー

 


最初は単なるロボット物と思っていて唯一しょこたんのOP曲だけがいいな~って思ってたんですが・・・
話が進むにつれて熱い思いと独特の描画に引き込まれていきました



人間は獣人から虐げられ地下の生活を余儀なくされていた
しかしそんな生活に不満をもっていたカミナと彼と義兄弟のシモン
シモンは生活する地下の穴をほっている時に1つのドリルと1体の顔面状のロボットを見つける
そして2人のもとへヨーコがやってくることから世界を開放へと導く戦いが始まる・・・

最初は3人とブータと顔面1つのグレン団
獣人との度重なる戦いでグレン団も大きくなっていく
またシモンの顔面ラガンは獣人から奪ったカミナのグレンと合体しグレンラガンとなる

そして獣人達のボスロージェノムの娘ニアとの出会い
しかしニアはロージェノムから見捨てられ抹殺されようとしていた
そんなニアをグレン団は優しく受け入れてくれる
そして獣人の本拠地チェッペリンへ向かう


しかしまさかのカミナの殉職
。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!
こんな序盤にほとんど主役のカミナ殺すなんて(つД`;)


しかしこの悲しみを乗り越えロージェノムを倒しチェッペリンを攻略
これで地上に平和が訪れたかと思われたがロージェノムが最後に気になる言葉を・・・

そして7年後ついにその時が・・・
これまでシモンが操縦する顔面は驚異的な変化を遂げてきた
それは未知なる螺旋力によるものだった
しかしその螺旋力はあまりに強大な力を生むため宇宙から追放されてきた力だった
今度はその螺旋力を殲滅させようとアンチスパイラルという敵が現れる

そしてそのアンチスパイラルの代弁者がニアであった
ニアはアンチスパイラルが偵察用に作り出した存在であったのだ


アンチスパイラルの力ははるかにグレン団を上回り月落下による地球壊滅も迫っていた
しかしここでまたグレンラガンが窮地を救う
このときその操縦席にはかつて敵であった獣人のヴィラルが乗っていた
かつての敵が見方になるってのはドラゴンボールパターン?


そしてアンチスパイラルの本拠地へ向かおうとしたがそれは異次元に存在していた
しかしそこへの道を切り開いたのがニアとシモンの愛の証の指輪だった
自分の意識がなくなってしまったニアであったがなぜかその指輪だけは身につけていたのだ

そしてアンチスパイラルとの最終決戦
数々の同士がその身を犠牲にし皆を守っていく
何回泣いたことか( p_q)エ-ン

その皆の想いを受けて最終形態「天元突破グレンラガン 」へと成長する
ついにアンチスパイラルを倒し平和が訪れる
平和になった地球に戻り多くの仲間に見守られてシモンとニアの結婚式が開かれる
しかし・・・・

ニアはアンチスパイラルが作り出した存在であった
シモンはアンチスパイラルを倒せばニアがいなくなることはわかっていた
しかしシモンはそれを承知で皆を守った


ここで1つの選択肢があった
螺旋力を使えばニアは生き返ることができた
しかしシモンはそれを行わなかった

それを行えばシモンは神になってしまう
シモンは人間であることを選んだのだ
。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!

復活でハッピーエンドもいいけどこの選択したから余計に泣かされた
。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!




ほとんど説明だけで終わった気もするけど上がったテンションのやりばがどうしようもなかったからブログ書いてすっきりしました(´▽`) ホッ

今回もσ(・ω・`*)が独断と偏見で勝手に評価をさせていただきますw

ストーリー :★★★★★ ちょっと無理ある設定満載だけどそれ以上に感動した
キャラ   :★★★★★ シモンの成長がすごい
画     :★★★★☆ この画だからより感動させられた
音楽    :★★★★★ しょこたん最高b
声優    :★★★★☆ 熱い台詞をありがとう

総合: 4.6点/5点満点

総評:
ロボット物で久々にこれだけの感動を味わった気がする
ガンダムシリーズでも感動してるけどなんかもうマンネリ化してて・・・
人間の闇やクールさを表現して感動させるのもいいけどグレンラガンの熱き想いのほうがより感動した
その熱い台詞は最初は恥ずかしかったが次第に言うのがたまらなくなった
キャラもそれぞれ個性が強くよくこれだけうまくまとめたと思う

唯一問題があるとすれば独特の画ですね(゜ー゜;Aアセアセ
σ(・ω・`*)もいかに綺麗に描いているのかってことに評価の一部を加えていて最初は嫌いな画でした(´・ω・`)
しかし話しにのめりこむとこの画がたまらなく良く見えてきます

そしてしょこたんのOP曲が予想以上に良かった
しょこたんには今後もアニソンどんどん歌ってほしいです
p(*^-^*)q がんばっ♪


アニメ見ない人にもぜひとも見てほしい作品です
子供の頃に見たアニメの感動を思い出します

天元突破グレンラガン1 (通常版) 天元突破グレンラガン1 (通常版)
柿原徹也.小西克幸 (2007/07/25)
アニプレックス

この商品の詳細を見る


P.S.BGMはもちろんOP曲のしょこたんの「空色デイズ」です

ササッε=ε=ε=ヘ( ・_・[リアル]
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zouashi0.blog80.fc2.com/tb.php/119-8f78b8ff

天元突破グレンラガン 第27話 「天の光はすべて星」

ニア~~。+゚(゚´Д`゚)゚+。

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第27話 「天の光はすべて星」

天元突破グレンラガン 4捕らわれのニア。だが、男は現われた、そう約束通り・・・。そして始まる!まだ見ぬ明日のための最後の戦いが!!

天元突破グレンラガン 第27話「天の光はすべて星」

シモンの物語、ここに完結。ずっとナレで繰り返し語られたようにこれはシモンの生き様の物語でした。無理をぶっ飛ばし、天を突くドリルを持った男の戦いの…。見事な最終回でした! 完全燃焼&完全決着。とことん

天元突破グレンラガン

天元突破グレンラガン『天元突破グレンラガン』(てんげんとっぱグレンラガン)は、ガイナックス・アニプレックス・コナミデジタルエンタテインメント製作の日本のロボットアニメ作品。作品概要2007年4月1日から同年9月30日まで、全27話が放送された。テ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。